リッチテキストコードコンバータ : バグ・動作報告

| コメント(5) | トラックバック(0)
ここでは、リッチテキストコードコンバータに対するバグ報告や動作報告を「コメント」で受け付けています。
投稿いただいた内容は、wiz.が確認後、加筆修正し公式サイトおよびブログに掲載します。(お名前、メールアドレス等は一切公表しません。)

トラックバック(0)

トラックバックURL: /mt/mt-tb.cgi/17

コメント(5)

MicoroSoftWord 2007にて表を作成し、rtf保存します。
RTFCodeConv.exeを起動し、先に保存したファイルを開くと落ちます。

おおの様、ご報告ありがとうございます。

RTFファイルの読み込みと表示につきましては、.NET Frameworkのコンポーネント(RichTextBoxコントロール)に依存しているため、残念ながら当方では対応できません。

RTFファイルの読み込みが正常に行われない場合は、エラーを示すメッセージボックスが表示される仕様になっております。これが表示されずにアプリケーションが不正終了してしまうのであれば、リッチテキストドキュメントの読み込み~表示の間にエラーが発生しているものと思われます。前述のとおり、読み込みと表示はコンポーネント依存であり、コントロール内部で処理されるので、プログラムの修正を行うことができません。

大変申し訳ございませんが、ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。

初めまして。HARuKA というものです。
今回このソフトウェアを試させてもらったのですが、Notepad++ というエディタの NppExport というプラグインを用いて RTF 形式のテキストをクリップボードにコピーして変換しようとしたところ、エラーが発生しました。
調べてみたところ、カラーテーブルグループに \red000\green000\blue000; のような黒を定義するコントロールが含まれているとエラーが発生するようです。
Microsoft Word 2010 で作成した RTF ファイルにも \red0\green0\blue0; という記述が含まれていたため、おおのさんの事象もこれに関連しているのではないでしょうか。

HARuKA様
RTFコードコンバータをご利用いただき誠にありがとうございます。
詳細なバグ情報についてのご提供、大変助かります。非常にお手数をおかけしてしまい申し訳ございませんでした。
ご報告いただいた内容に沿って同様のファイルを作成したところ、当方でもエラーが発生いたしました。ご指摘をいただいた通り、RTFのカラーテーブル内に黒(R0:G0:B0)が存在することが要因となっておりました。
詳細に調査したところ、カラーテーブルおよびフォントテーブルに同様のコントロールが複数存在するか、規定値と同じコントロールが存在する場合に、スタイルシートのセレクタの名前が重複してしまうことが原因と判明いたしました。
修正したアプリケーションを公式サイトにて公開致しましたので、よろしければ再度ダウンロードしてお試しください。なお、修正版はウィンドウにBETA 0.0.2と表記されます。
//wiz-code.net/software/rtfcodeconv/download.aspx

再度ダウンロードさせて頂きました。
Notepad++ と Visual Studio どちらの RTF 形式のテキストでも問題なく動作しているようです。
迅速な対応ありがとうございました。