[ASP.NET]CSS 3を既定値にする方法

| トラックバック(0)

VisualStudio 2010のインテリセンス(IntelliSense)でCSS 3を利用する方法は下記のページで紹介されている。

Visual StudioのIntelliSenseでCSS3を利用するには?(@IT)

が、これを適用してスタイルシートファイル(.css)を編集しようとすると、規定値ではCSS 2.1が選択されてしまい、CSS 3固有のスタイルがエラー一覧に警告として表示されてしまう。


例えば、CSS 3で追加されたborder-radiusがCSSファイルで使用されていると次のような警告が表示されてしまう。

警告 検証 (CSS 2.1): 'border-radius' は認識できる CSS プロパティ名ではありません。 


もちろん、ツールバーのCSSバージョンでCSS 3を選択すれば警告は消えるが、この選択は記憶されず、ファイルを開きなおすと元に戻ってしまう。

これがとても不便なので、なんとかCSS 3を既定値とする方法を見つけたのでメモ。(ちなみに、Visual Studioの設定をくまなく探したが該当する項目は見つからなかった)


※この方法はXHTML 1.0 Transitionalが前提となりますが、他のDOCTYPEでも方法は同じはずです。


C:\Program Files\Microsoft Visual Studio 10.0\Common7\Packages\schemas\html

上記ディレクトリにあるxhtml_transitional.xsdを開き、12行目あたりにあるスタイルシートのスキーマを書き換える

書き換え前: vs:cssschema="CSS  2.1"

書き換え後: vs:cssschema="CSS 3"

これで、XHTML 1.0 Transitionalで使用するスタイルシートの既定値がCSS 3に変わる。


なお、Windows 7では、セキュリティ設定により通常ユーザーではファイルを書き換えることができないので、管理者として実行したメモ帳で上書き保存した。


トラックバック(0)

トラックバックURL: /mt/mt-tb.cgi/66