[ASP.NET]FORMのクライアントポスバック用スクリプト挿入の挙動

| トラックバック(0)

ASP.NETでフォームを作り、<asp:Button />でボタンを配置すると、クライアントポストバック用のスクリプトが出力されることがある。

<script type="text/javascript">
//<![CDATA[
var theForm = document.forms['aspnetForm'];
if (!theForm) {
theForm = document.aspnetForm;
}
function __doPostBack(eventTarget, eventArgument) {
if (!theForm.onsubmit || (theForm.onsubmit() != false)) {
theForm.__EVENTTARGET.value = eventTarget;
theForm.__EVENTARGUMENT.value = eventArgument;
theForm.submit();
}
}
//]]>
</script>

こういうの。

でも、これが生成される時と、そうでない時があるのが不思議だった。

wiz.の ぽりしー としては、クライアントサイドのポストバックは使わず、通常の(HTMLの)SUBMIT機構を使いたい。だから、ボタンのUseSubmitBehavior属性は常にtrue(規定値)にしてある。

にもかかわらず、スクリプトが挿入されることがあったりなかったりする。


で、原因を探ってみると、Validator系コントロールにValidationGroupが設定されていないものが含まれているとスクリプトが挿入されることが分かった。

(´-`) ンー なんでなのか・・・。まぁ、原因が分かったのでよしとしよう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: /mt/mt-tb.cgi/65